Message メッセージ

アニバーサリーを「想うこと」

少し便利になりすぎた時代の反動でしょうか?
ひとりで「思うこと、すること」が増え、
ふたりで「想うこと、してあげること」が少なくなった気がします。
便利なことも大切ですが、手間を惜しまないことも必要だと思います。
人が物や事を創るのに、
人が物や事に使われている気さえします
人間の能力は、
与えられた環境によってずいぶんと変わるもの…
そして、その環境を創るのは人でなければなりません
日本人が親から子供へと語り継いできた美しい物語がこの国にはありました
精いっぱい力いっぱい命いっぱい、生きることの喜び
私も両親から形はともかく…学ばさせてもらいました
美しい四季に恵まれた豊かな風土は、あたかも日本人の美徳の心…そのものでした
人と人が温かいこと、人と人の鏡は笑顔で写しあうこと
守ってゆかねばならぬこと
私たちアニバーサリーができること
相手を想いお菓子を選んだり、お花を選んだり…
あたたかな日向の風景を創っていきたいと考えます
そして、結婚は「ふたり」が始まる人生にたくさんの記念日が綴られていくことを願います
不易流行(ふえきりゅうこう)
変えてはいけないものと変えていくもの
変えてはいけないものを見つめ直して
あとからあとから来る人のために
今、私たちにできる懸命な努力を楽しんで、惜しまず
百年後のあなたを想い、ずっと笑顔で大笑い
未熟なアニバーサリーグループではございますが、
跡に遺るものを創っていけたらいい…
一生懸命頑張ります。

アニバーサリー代表取締役 鈴木良太郎